スキップしてメイン コンテンツに移動

北京归来

“北京”这个词语早已深深印在自己的心里,
不论它作为一座城市还是现在的首都,它所给与我的记忆是永远不可磨灭的。
小的时候,曾经很多次路过北京,但是从来没有出过火车站。
所以,当时年少的自己在心中暗下决心,将来一定要到北京去一趟。
看一看那雄伟的长城和刻有:“世界人民大团结万岁”的天安门。

因为有了本次的活动,我儿时的梦想得以实现。
通过本次活动,才让我有机会重新认识体会到中华文化的博大与精深。
作为一名多年求学在外的学子,一个普普通通的中国人,
我真的希望把我们中华民族的优秀文化传播到世界去。
让更多的外国人到中国来,到北京来。让他们能够体会到中国人民的纯朴与智慧。

北京,这座历史悠久的文化古城,现如今已经建设成为世界文化经济大都市。
惊人的经济发展速度,城市建设规模已经早已超出了自己的想象。
在到北京来之前,在网络上看过许多北京的照片。
一些是风尘多年的旧照片,一些是现代化建设的北京。
但这一切都没有自己亲身加入进来的冲击力大。
北京,它的变化太大了。
一座历史名城正在凭借着它的丰厚的历史底蕴与生机勃勃的新气息,
给世界带来了新的惊喜与惊奇。

北京大学,一所令人向往的求学之处。
通过本次活动,我再也无法按捺自己对“北大”的喜爱了。
封闭式的校园为大家提供了一个安逸求学,生活的最佳场所。
正因为这样莘莘学子得以在如此惬意的环境之中做学问。
今日中国,处处都在强调与世界接轨,当然我们的高等教育自然包括在内。
如此典雅的中式氛围蕴含着许多中国文化学问的精髓。
真的希望有一天,
北京大学作为中国高等教育的代表可以把中国人的智慧结晶,思想真谛分享到世界去。
让世界能都够真实准确地定位中国,理解中国。让中国思想也能够成为世界主流。

挥挥手,就要告别北京大学,告别北京。
怀着深情的留恋,不得不离开。
但是,这短暂的一周时间,让自己的人生成长道路当中拾获了太多要珍贵的东西。
这当中,最重要的就是,
一个只能在北京,只能在北京大学才可以找到的东西,那就是中华文化的渊博。
因为北京可以完整地证实它,北京大学可以全面地诠释它。





コメント

このブログの人気の投稿

アジアビジネス研修プログラム

第1回目は2016年に実施されました。

京都市国際交流協会から一通のメール

このプロジェクトの担当者と知り合ったのは、大体6年間前のことでした。 当時立命館に留学した自分が、「障害者支援シンポジウム」 のスタッフとして参加していました。 当日に同時通訳役されていた濱屋さんの流暢すぎる中国語に感激しました。 濱屋さんのようになりたい!!と、目標を立てました。 あれから数年を経ちましたが、自分の日本語能力は上がりません。 日本文化や言語を勉強せよ。日々ね。 自分に言い聞かせながら、努力日々が続きます。 このプロジェクトに応援します。 --------------------------- 京都で勉強された留学生の皆様 喬彬 さん キヨウヒン さん   こんにちは、 ( 公財 ) 京都市国際交流協会の濱屋、溝口です。 いつも協会の事業にご協力をいただきありがとうございます。  今日は、私たちが今、全力でチャレンジしているプロジェ クトについて、ぜひ京都で勉強された留学生の皆様にご協力 をお願いしたく、ご連絡しました。   kokoka 京都市国際交流会館の2階にある「姉妹都市コーナー ・展示室」をご存知ですか?「姉妹都市コーナー・展示室」では、 アートを通じた国際交流を促進するため、様々なジャンルの展 示会を年間約 30 回ほど開催しています。皆様の中には、展示を 見に来てくださった方もいるかと思います。  会館オープンから26年、多くの方に親しまれてきましたが、 長期にわたる利用により、クロスやカーペットなどの老朽化が 進み、せっかくの展示の魅力を十分に伝えることが難しくなっ ています。  また、これまで展示室を利用してきた約 20 カ国・地域出身の アーティストとのつながりを、人的ネットワークとして整理し、 新しいアートと国際交流の活性化に役立てたいと思います。 kokoka は単なるギャラリーや画廊と違い、アートを切り口に、 京都における国際交流や相互理解をすすめたいという想いで 企画運営しています。  そこで、アートを発表する人にも見て楽しむ人にも、もっと 気持ちよく使ってもらえる展示室としてリニューアルするため の費用 140 万円への支援を募集しています。 (詳細: https://readyfor.jp/pro

KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019 実施要項

(詳細: https://www.ie.education/ ) 大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会 委員長:生田 泰宏 事務局:生田グローバル株式会社 株式会社GES 京都事務所 1.コンテスト概要・目的 「KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019」は大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会が主催し、多国籍の大学生が参加するグローバルベンチャーコンテストです。2018年5月に京都にて第1回開催以降、今回で第3回目になります。(*第2回は兵庫県、大学コンソーシアムひょうご神戸と共催し実施しました)本コンテストは2019年5月16〜20日に京都で開催します。本委員会は海外の大学の大学生を日本へ招待し、ここ京都で日本人の大学生と一緒にコンテストを行います。 本ベンチャーコンテストは大学生の成長、キャリア形成に対して大きな意義があります。また、海外の大学生は京都でのコンテストに参加することによって、京都の国際化や国際交流にも貢献できると確信しています。具体的には、優秀な留学生が京都への大学院留学、大学間の国際共同研究に繋がる確率が高くなります。また「KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019」は学生たちにベンチャービジネスの舞台を提供するだけではなく、発表した優秀案に投資家やパートナーを紹介するなどのサポートも行います。(*第1回目の参加者は1億円の投資を受けた実績有り)京都での起業促進、雇用の新規創出。さらに、グローバルなオープンイノベーション促進、高度人材としての定住外国人ビジネス関係者との協働による新たな多文化共生型のイノベーション・コミュニティ創出などの社会経済的な効果が生まれやすくなります。 2.主催 大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会 (*構成:生田グローバル株式会社、株式会社GES、(特非)KANU NIPPON) 共催:京都府、京都市、京都商工会議所、(公財)京都府国際センター、(独)JETRO京都、(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部、(公財)京都高度技術研究所、(公財)大学コンソーシアム京都、京都リサーチパーク(株)、京大オリジナル(株) 後援:経済産業省 近畿経済産業局、(公社)関西経済連合会、(一財)日中経済協会、京都産学公連携機構、京都