スキップしてメイン コンテンツに移動

2か月ぶりの中国出張


蘇州に行って参りました。
かつて仕事関係で何回か訪問したことはあったのですが、職場だけで終わりました。
今回は週末もあり、市内を歩いてまいりました。

中国初進出の誠品書店がOPENされたばかりです。
開店前に待っていた客もいました。
喬彬も並んでいました。
中に入って、コーヒーを飲んでみました。
その後、店中で歩くと、開店1時間程度で、すでに人がいっぱいで、にぎやかでした。

中国経済が低迷している中、これほど集客できる売場が珍しいとお思います。
台湾から新しい売り場、アイテム、アイデア。一つライフスタイルを中国大陸に持ってきました。
このまま繁盛していただきいですが、競争が激しい中国ですから、応援しながら見守りたいです。


昼過ぎに、かつての蘇州市内に参りました。
教科書にのせるような景色でした。

「小橋流水人家」

美しい江南景色に圧倒されました。
中国歴史の中、この美しい景色の有名な喩え話、

「上有天堂、下有蘇杭」

自分も身を持って体験しました。
文化の力は、語ることではなく、自然に身で感じ取れることだと思います。
かつての中国歴史上にも、ずっと反映した地域だったので、
現在も相わからず、中国に有数の経済都市です。

この十数年の都市発展が多く変化しましたが、
幸いこのような美しい景色が残されました。
このような文化施設は、もうすでに中国だけのものではありません。
全世界に共有するものだと理解します。





コメント

このブログの人気の投稿

京都市国際交流協会から一通のメール

このプロジェクトの担当者と知り合ったのは、大体6年間前のことでした。 当時立命館に留学した自分が、「障害者支援シンポジウム」 のスタッフとして参加していました。 当日に同時通訳役されていた濱屋さんの流暢すぎる中国語に感激しました。 濱屋さんのようになりたい!!と、目標を立てました。 あれから数年を経ちましたが、自分の日本語能力は上がりません。 日本文化や言語を勉強せよ。日々ね。 自分に言い聞かせながら、努力日々が続きます。 このプロジェクトに応援します。 --------------------------- 京都で勉強された留学生の皆様 喬彬 さん キヨウヒン さん   こんにちは、 ( 公財 ) 京都市国際交流協会の濱屋、溝口です。 いつも協会の事業にご協力をいただきありがとうございます。  今日は、私たちが今、全力でチャレンジしているプロジェ クトについて、ぜひ京都で勉強された留学生の皆様にご協力 をお願いしたく、ご連絡しました。   kokoka 京都市国際交流会館の2階にある「姉妹都市コーナー ・展示室」をご存知ですか?「姉妹都市コーナー・展示室」では、 アートを通じた国際交流を促進するため、様々なジャンルの展 示会を年間約 30 回ほど開催しています。皆様の中には、展示を 見に来てくださった方もいるかと思います。  会館オープンから26年、多くの方に親しまれてきましたが、 長期にわたる利用により、クロスやカーペットなどの老朽化が 進み、せっかくの展示の魅力を十分に伝えることが難しくなっ ています。  また、これまで展示室を利用してきた約 20 カ国・地域出身の アーティストとのつながりを、人的ネットワークとして整理し、 新しいアートと国際交流の活性化に役立てたいと思います。 kokoka は単なるギャラリーや画廊と違い、アートを切り口に、 京都における国際交流や相互理解をすすめたいという想いで 企画運営しています。  そこで、アートを発表する人にも見て楽しむ人にも、もっと 気持ちよく使ってもらえる展示室としてリニューアルするため の費用 140 万円への支援を募集しています。 (詳細: https://readyfor.jp/pro

第四回 日中教育交流会実施のお知らせ

※下記内容は転送になります。 日頃より大変お世話になっております。日中文化交流センターからお知らせです。 11 月 27 日(月)京都にて、北京大学・中国人民大学・復旦大学・同済大学・吉林 大学等、重点大学( 985 工程 16 大学、 211 工程 17 大学)を含む有力 60 大学の国際 交流部門の責任者、及び学務部・留学生部の担当約 130 名を招聘し、日中両大学の 留学交流促進を図る機会を設ける事となりました。 昨年も同様に京都で開催し、関西~関東の多くの大学の国際交流担当の方々に参加 して頂きました。皆様ご多忙の時期とは存じますが協定を希望なさる大学へのアプ ローチの場として、また協定先大学とのコミュニケーションの場として、あるいは 短期プログラムや交流プログラム等の情報交換の場としてご利用頂ければ幸いです。 ご希望があれば通訳を手配致します(無料) 。また、参加申込みを頂いた大学様には 後日、中国大学の参加者名簿をお送り致します。尚、誠に申し訳ございませんが会 場の都合もあり、ご参加人数は 1 大学 4 名様迄に限定させて頂きたく、御了承の程 宜しくお願い申し上げます。 ***********************************                                -記- 日 時: 2017 年 11 月 27 日(月)   会 場:御所西 京都平安ホテル  2 階東山の間  ※ 下記URLにてご確認下さい 住 所:〒 602-0912  京都市上京区烏丸上長者町上ル    (地下鉄烏丸線 今出川駅下車【 6 番出口】徒歩 7 分)      http://kyoto-heian-hotel.com/access/ 主催:日中文化交流センター / 特定非営利活動法人 日中留学推進機構 共催:留学生スタディ京都ネットワーク 後援:中華人民共和国駐大阪総領事館 協力:株式会社アイエスエイ 【午前の部】 10 : 00 ~ 12 : 00      ・日中文化交流センター代表 李欣立挨拶      ・中華人民共和国駐大阪総領事館 李天然総領事 御挨拶      ・京都府/京都市 御挨拶      ・訪

重慶からの大学生が入洛。ようこそ京都へ!

中国人大学生を京都に招聘し、案内しました。 今回は中国西部の重慶大学から30名以上が来てくれました。 40年ぶりの寒さ中、朝早く京都インパクトハッブに伺いました。 慣れない木造の日本古屋で、素足で冷たい床上で歩き、授業を聞きました。 講師は非常にユニックな考えを持ち、「志心」という居酒屋のオーナー浜村知成様でした。 個人の世界旅行から生まれた考えを行動し、現在居酒屋を経営しながら、世界に「サムライ」精神を広げる活動されています。 「サムライ」精神を通して、世界を平和にしたいとの思いを持って、現在ソーシャルビジネスも手掛けながら、日々頑張っていっらしゃいます。 学生から非常に関心が高く、質問も連発。 英語力も高く、さすが名門校の学生という感じ… ちょっと足が寒かったみたい… インパクトハッブの近くに寿司体験できる施設もありまして、そこで学生が寿司握り体験をさせていただきました。 寿司が現在の中国でも人気が高く、若い人にとっては魅力的な「日本代表の一品」。 実際自分たちで作ってみることで、会場のモードが最高に盛り上がりました。 最後の優勝チームが職人さんと一緒に記念撮影。 この真っ白な制服も魅了されたようで、欲しがっていました… 90年以降に生まれた学生は、ほとんど家事することもない状態で、要領よく作りました。 本日も満足して頂いたようで、あした引き続き頑張ろう。