スキップしてメイン コンテンツに移動

第2回 アジアビジネス研修プログラム(京都)実施報告

昨年に続き、第2回大学生アジアビジネス研修会も予定通りに開催される。

期間:7/30〜8/8
実施場所:京都
参加人数は昨年より倍増の89名だ。
著名なロレアル(中国支社)も本プログラムに参画され、
優秀な中国人大学生を援助し、
北京大学、復旦大学、南開大学、西安交通大学など
トツプ12校から選抜が行われて、参加者を集めてくれた。


昨年よりテーマを文化体験交流からビジネスに特化し、
企業イノベーションに焦点を当て、学生の問題意識を引き出す内容に集中した。
学生の反応もよく、反響も良い。嬉しいことだ。

参加者がビジネス講義を受け、
関連する企業へ見学、社長様、管理職との交流し、
文化体験、日本人大学生、一般市民との交流を深めることによって、
日本への理解を深めていただきたい。

将来、彼らは日本へ留学するなり、日系企業に就職するなり、
もしくは起業して、日本との取引をするかもしれない。
その時、この10日間は良い思い、経験になれば、
何より嬉しいことだ。


本プログラムに大きなご協力していただいた
授業提供:
立命館大学MOT大学院 T N先生
立命館大学経営管理大学院 TY先生
立命館大学経営学部 K先生
京都大学高等教育学院 H先生
京都大学経営管理大学院 TS先生
同志社大学経営管理大学院 H先生

企業見学(社長講話)の受け入れ:
株式会社八代目儀兵衛 
HILLTOP株式会社
株式会社クロスエフェクト
日新電機株式会社
Dari K株式会社
ユニクロ 心斎橋店

行政機関:
京都府国際課、京都市大学政策課
留学生スタディ京都ネットワーク

そのた:
NPO法人KANU NIPPON 
ボランティアの皆様

感謝いたします。
プログラムの無事開催することを祈り、
学生が良い収穫できるように頑張ります。


コメント

このブログの人気の投稿

アジアビジネス研修プログラム

第1回目は2016年に実施されました。

京都市国際交流協会から一通のメール

このプロジェクトの担当者と知り合ったのは、大体6年間前のことでした。 当時立命館に留学した自分が、「障害者支援シンポジウム」 のスタッフとして参加していました。 当日に同時通訳役されていた濱屋さんの流暢すぎる中国語に感激しました。 濱屋さんのようになりたい!!と、目標を立てました。 あれから数年を経ちましたが、自分の日本語能力は上がりません。 日本文化や言語を勉強せよ。日々ね。 自分に言い聞かせながら、努力日々が続きます。 このプロジェクトに応援します。 --------------------------- 京都で勉強された留学生の皆様 喬彬 さん キヨウヒン さん   こんにちは、 ( 公財 ) 京都市国際交流協会の濱屋、溝口です。 いつも協会の事業にご協力をいただきありがとうございます。  今日は、私たちが今、全力でチャレンジしているプロジェ クトについて、ぜひ京都で勉強された留学生の皆様にご協力 をお願いしたく、ご連絡しました。   kokoka 京都市国際交流会館の2階にある「姉妹都市コーナー ・展示室」をご存知ですか?「姉妹都市コーナー・展示室」では、 アートを通じた国際交流を促進するため、様々なジャンルの展 示会を年間約 30 回ほど開催しています。皆様の中には、展示を 見に来てくださった方もいるかと思います。  会館オープンから26年、多くの方に親しまれてきましたが、 長期にわたる利用により、クロスやカーペットなどの老朽化が 進み、せっかくの展示の魅力を十分に伝えることが難しくなっ ています。  また、これまで展示室を利用してきた約 20 カ国・地域出身の アーティストとのつながりを、人的ネットワークとして整理し、 新しいアートと国際交流の活性化に役立てたいと思います。 kokoka は単なるギャラリーや画廊と違い、アートを切り口に、 京都における国際交流や相互理解をすすめたいという想いで 企画運営しています。  そこで、アートを発表する人にも見て楽しむ人にも、もっと 気持ちよく使ってもらえる展示室としてリニューアルするため の費用 140 万円への支援を募集しています。 (詳細: https://readyfor.jp/pro

KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019 実施要項

(詳細: https://www.ie.education/ ) 大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会 委員長:生田 泰宏 事務局:生田グローバル株式会社 株式会社GES 京都事務所 1.コンテスト概要・目的 「KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019」は大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会が主催し、多国籍の大学生が参加するグローバルベンチャーコンテストです。2018年5月に京都にて第1回開催以降、今回で第3回目になります。(*第2回は兵庫県、大学コンソーシアムひょうご神戸と共催し実施しました)本コンテストは2019年5月16〜20日に京都で開催します。本委員会は海外の大学の大学生を日本へ招待し、ここ京都で日本人の大学生と一緒にコンテストを行います。 本ベンチャーコンテストは大学生の成長、キャリア形成に対して大きな意義があります。また、海外の大学生は京都でのコンテストに参加することによって、京都の国際化や国際交流にも貢献できると確信しています。具体的には、優秀な留学生が京都への大学院留学、大学間の国際共同研究に繋がる確率が高くなります。また「KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019」は学生たちにベンチャービジネスの舞台を提供するだけではなく、発表した優秀案に投資家やパートナーを紹介するなどのサポートも行います。(*第1回目の参加者は1億円の投資を受けた実績有り)京都での起業促進、雇用の新規創出。さらに、グローバルなオープンイノベーション促進、高度人材としての定住外国人ビジネス関係者との協働による新たな多文化共生型のイノベーション・コミュニティ創出などの社会経済的な効果が生まれやすくなります。 2.主催 大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会 (*構成:生田グローバル株式会社、株式会社GES、(特非)KANU NIPPON) 共催:京都府、京都市、京都商工会議所、(公財)京都府国際センター、(独)JETRO京都、(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部、(公財)京都高度技術研究所、(公財)大学コンソーシアム京都、京都リサーチパーク(株)、京大オリジナル(株) 後援:経済産業省 近畿経済産業局、(公社)関西経済連合会、(一財)日中経済協会、京都産学公連携機構、京都