スキップしてメイン コンテンツに移動

中国人大学生と13日間でみっしり付き合いを通して、いろいろ考えさせてくれました

喬彬が大学院から修了後、NPO法人KANU NIPPONを立ち上げて、中国人学生を京都に誘致し、修学旅行して頂く企画をしていました。
ちょうど尖閣領土問題が発生した年で、余儀なく事業が挫折しました。
当時一緒に事業展開したパートナーも大きな打撃を受けました。

2015年に入って、再び一緒に事業することになり、たくさんの機関、方々にお世話になり、
良い再スタートになりました。

@大学コンソーシアム京都にて「京都留学の魅力について」説明会を受けました。

中国人大学生からかなりの好評で、「夢のような街で、再度訪ねたい」のコメントを頂きました。


@稲荷神社前に集合写真

現在、中国人大学生も家庭が裕福で、生活の余裕以外、こころも教養も非常にゆとりあります。
日本文化に関心高く、参拝礼儀を一所懸命に聞いてくれました。
その後、祇園の花見小路通にも案内しました。
舞妓文化を説明すると、ぜひ祇園コーナで一回見てみたいと、多くの学生が言いました。
かつて金銭的に余裕が無い学生にして、あまり考えられませんでした。
晩に学生が再度祇園に訪ねて、ショーを楽しんでくれました。

@京友禅体験で一生懸命

「好きなことが一所懸命」、この変化は今回の修学旅行に非常に感銘を受けました。
とにかく、中国人大学生が個性を強調し、自分が好き嫌いがはっきりしています。
自分が好きなことであれば、すぐに没頭し、一所懸命にやることが魅力的にでした。

@浴衣体験で大興奮

@茶道体験で初めての抹茶をたてます

@金閣寺の駐車場にて素敵な観光バスを発見、思わず一枚の写真を

@日本舞踊体験、「よさこい」で大きいに盛り上げました

@日本舞踊体験の最後集合ポーズ

やはり、学生には体を動かすことが一番楽しんでいるように思います。
国、言語、文化なんての違いは、このような場面においては、すべて無力だと思いました。

@平安ホテルにて修了式

13日間はあっという間に過ぎました。
平安ホテルにて、自分たちが日本で学んだこと、感じたことを発表して頂き、無事に修了しました。

日本と中国の間は、政治の波が大きく、このような文化交流は非常に影響を受けます。
少しずつ地道な活動を行っていく決心です。
草の根レベル、自分ができる範囲のこと、情熱を持ってやり遂げたいです。


コメント

このブログの人気の投稿

アジアビジネス研修プログラム

第1回目は2016年に実施されました。

京都市国際交流協会から一通のメール

このプロジェクトの担当者と知り合ったのは、大体6年間前のことでした。 当時立命館に留学した自分が、「障害者支援シンポジウム」 のスタッフとして参加していました。 当日に同時通訳役されていた濱屋さんの流暢すぎる中国語に感激しました。 濱屋さんのようになりたい!!と、目標を立てました。 あれから数年を経ちましたが、自分の日本語能力は上がりません。 日本文化や言語を勉強せよ。日々ね。 自分に言い聞かせながら、努力日々が続きます。 このプロジェクトに応援します。 --------------------------- 京都で勉強された留学生の皆様 喬彬 さん キヨウヒン さん   こんにちは、 ( 公財 ) 京都市国際交流協会の濱屋、溝口です。 いつも協会の事業にご協力をいただきありがとうございます。  今日は、私たちが今、全力でチャレンジしているプロジェ クトについて、ぜひ京都で勉強された留学生の皆様にご協力 をお願いしたく、ご連絡しました。   kokoka 京都市国際交流会館の2階にある「姉妹都市コーナー ・展示室」をご存知ですか?「姉妹都市コーナー・展示室」では、 アートを通じた国際交流を促進するため、様々なジャンルの展 示会を年間約 30 回ほど開催しています。皆様の中には、展示を 見に来てくださった方もいるかと思います。  会館オープンから26年、多くの方に親しまれてきましたが、 長期にわたる利用により、クロスやカーペットなどの老朽化が 進み、せっかくの展示の魅力を十分に伝えることが難しくなっ ています。  また、これまで展示室を利用してきた約 20 カ国・地域出身の アーティストとのつながりを、人的ネットワークとして整理し、 新しいアートと国際交流の活性化に役立てたいと思います。 kokoka は単なるギャラリーや画廊と違い、アートを切り口に、 京都における国際交流や相互理解をすすめたいという想いで 企画運営しています。  そこで、アートを発表する人にも見て楽しむ人にも、もっと 気持ちよく使ってもらえる展示室としてリニューアルするため の費用 140 万円への支援を募集しています。 (詳細: https://readyfor.jp/pro

KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019 実施要項

(詳細: https://www.ie.education/ ) 大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会 委員長:生田 泰宏 事務局:生田グローバル株式会社 株式会社GES 京都事務所 1.コンテスト概要・目的 「KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019」は大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会が主催し、多国籍の大学生が参加するグローバルベンチャーコンテストです。2018年5月に京都にて第1回開催以降、今回で第3回目になります。(*第2回は兵庫県、大学コンソーシアムひょうご神戸と共催し実施しました)本コンテストは2019年5月16〜20日に京都で開催します。本委員会は海外の大学の大学生を日本へ招待し、ここ京都で日本人の大学生と一緒にコンテストを行います。 本ベンチャーコンテストは大学生の成長、キャリア形成に対して大きな意義があります。また、海外の大学生は京都でのコンテストに参加することによって、京都の国際化や国際交流にも貢献できると確信しています。具体的には、優秀な留学生が京都への大学院留学、大学間の国際共同研究に繋がる確率が高くなります。また「KYOTO大学生グローバルベンチャーコンテスト2019」は学生たちにベンチャービジネスの舞台を提供するだけではなく、発表した優秀案に投資家やパートナーを紹介するなどのサポートも行います。(*第1回目の参加者は1億円の投資を受けた実績有り)京都での起業促進、雇用の新規創出。さらに、グローバルなオープンイノベーション促進、高度人材としての定住外国人ビジネス関係者との協働による新たな多文化共生型のイノベーション・コミュニティ創出などの社会経済的な効果が生まれやすくなります。 2.主催 大学生グローバルベンチャーコンテスト実行委員会 (*構成:生田グローバル株式会社、株式会社GES、(特非)KANU NIPPON) 共催:京都府、京都市、京都商工会議所、(公財)京都府国際センター、(独)JETRO京都、(独)中小企業基盤整備機構 近畿本部、(公財)京都高度技術研究所、(公財)大学コンソーシアム京都、京都リサーチパーク(株)、京大オリジナル(株) 後援:経済産業省 近畿経済産業局、(公社)関西経済連合会、(一財)日中経済協会、京都産学公連携機構、京都