スキップしてメイン コンテンツに移動

中国人大学生と13日間でみっしり付き合いを通して、いろいろ考えさせてくれました

喬彬が大学院から修了後、NPO法人KANU NIPPONを立ち上げて、中国人学生を京都に誘致し、修学旅行して頂く企画をしていました。
ちょうど尖閣領土問題が発生した年で、余儀なく事業が挫折しました。
当時一緒に事業展開したパートナーも大きな打撃を受けました。

2015年に入って、再び一緒に事業することになり、たくさんの機関、方々にお世話になり、
良い再スタートになりました。

@大学コンソーシアム京都にて「京都留学の魅力について」説明会を受けました。

中国人大学生からかなりの好評で、「夢のような街で、再度訪ねたい」のコメントを頂きました。


@稲荷神社前に集合写真

現在、中国人大学生も家庭が裕福で、生活の余裕以外、こころも教養も非常にゆとりあります。
日本文化に関心高く、参拝礼儀を一所懸命に聞いてくれました。
その後、祇園の花見小路通にも案内しました。
舞妓文化を説明すると、ぜひ祇園コーナで一回見てみたいと、多くの学生が言いました。
かつて金銭的に余裕が無い学生にして、あまり考えられませんでした。
晩に学生が再度祇園に訪ねて、ショーを楽しんでくれました。

@京友禅体験で一生懸命

「好きなことが一所懸命」、この変化は今回の修学旅行に非常に感銘を受けました。
とにかく、中国人大学生が個性を強調し、自分が好き嫌いがはっきりしています。
自分が好きなことであれば、すぐに没頭し、一所懸命にやることが魅力的にでした。

@浴衣体験で大興奮

@茶道体験で初めての抹茶をたてます

@金閣寺の駐車場にて素敵な観光バスを発見、思わず一枚の写真を

@日本舞踊体験、「よさこい」で大きいに盛り上げました

@日本舞踊体験の最後集合ポーズ

やはり、学生には体を動かすことが一番楽しんでいるように思います。
国、言語、文化なんての違いは、このような場面においては、すべて無力だと思いました。

@平安ホテルにて修了式

13日間はあっという間に過ぎました。
平安ホテルにて、自分たちが日本で学んだこと、感じたことを発表して頂き、無事に修了しました。

日本と中国の間は、政治の波が大きく、このような文化交流は非常に影響を受けます。
少しずつ地道な活動を行っていく決心です。
草の根レベル、自分ができる範囲のこと、情熱を持ってやり遂げたいです。


コメント

このブログの人気の投稿

生田グローバル株式会社は現在経理業務補助のスタッフを募集しております

生田グローバル株式会社は現在経理業務補助のスタッフを募集しております。  勤務時間はソフトに対応できます。ご安心ください。  ご感心がある方はぜひご連絡、お知り合いにもぜひご周知ください。 募集内容、仕事概要: 雇用形態 :パート 仕事の内容 : 主に経理担当者のサポート業務、領収書の仕訳、会計ソフトへの入力、請求書の発行等を行っていただきます。その他、簡単な事務作業もお願いする予定です。  勤務地 :京都市伏見区  賃金 :時間額900円~1,100円 通勤手当 : 実費支給上限あり月額:15,000円  就業時間 : 休憩時間 45分 時間外 : なし 週所定労働日数 : 週1日~4日程度 休日 : 土 日 祝 他  週休二日 毎週 労働日数:1日~4日で相談可 雇用期間 : 雇用期間の定めなし 年齢 : 64歳以下 定年年齢を上限 学歴 : 不問 必要な免許・資格 :  簿記3級以上 必要な経験等 : 経理経験 加入保険 : 労災  選考方法 : 面接 応募書類等 : 履歴書→写真添付 送信メール:info @ ikuta.group 電話:075-286-3930 選考日時 : 随時 特記事項 : 生田グローバル 株式会社の会社情報 事業内容 : 日本の経営手法を学びたい中国の経営者向けの研修事業、経営者視察団の受け入れ等を行っています。また大学生のグローバルリーダーシップの育成事業、日本企業の中国進出のサポート等も行います 従業員数 : 企業全体:4人 うち就業場所:4人 うち女性:1人 うちパート:0人 会社所在地 : 〒612-0029 京都市伏見区深草西浦町6-79-5 EDAアドバンスビル2F

アジアビジネス研修プログラム

第1回目は2016年に実施されました。

京都市国際交流協会から一通のメール

このプロジェクトの担当者と知り合ったのは、大体6年間前のことでした。 当時立命館に留学した自分が、「障害者支援シンポジウム」 のスタッフとして参加していました。 当日に同時通訳役されていた濱屋さんの流暢すぎる中国語に感激しました。 濱屋さんのようになりたい!!と、目標を立てました。 あれから数年を経ちましたが、自分の日本語能力は上がりません。 日本文化や言語を勉強せよ。日々ね。 自分に言い聞かせながら、努力日々が続きます。 このプロジェクトに応援します。 --------------------------- 京都で勉強された留学生の皆様 喬彬 さん キヨウヒン さん   こんにちは、 ( 公財 ) 京都市国際交流協会の濱屋、溝口です。 いつも協会の事業にご協力をいただきありがとうございます。  今日は、私たちが今、全力でチャレンジしているプロジェ クトについて、ぜひ京都で勉強された留学生の皆様にご協力 をお願いしたく、ご連絡しました。   kokoka 京都市国際交流会館の2階にある「姉妹都市コーナー ・展示室」をご存知ですか?「姉妹都市コーナー・展示室」では、 アートを通じた国際交流を促進するため、様々なジャンルの展 示会を年間約 30 回ほど開催しています。皆様の中には、展示を 見に来てくださった方もいるかと思います。  会館オープンから26年、多くの方に親しまれてきましたが、 長期にわたる利用により、クロスやカーペットなどの老朽化が 進み、せっかくの展示の魅力を十分に伝えることが難しくなっ ています。  また、これまで展示室を利用してきた約 20 カ国・地域出身の アーティストとのつながりを、人的ネットワークとして整理し、 新しいアートと国際交流の活性化に役立てたいと思います。 kokoka は単なるギャラリーや画廊と違い、アートを切り口に、 京都における国際交流や相互理解をすすめたいという想いで 企画運営しています。  そこで、アートを発表する人にも見て楽しむ人にも、もっと 気持ちよく使ってもらえる展示室としてリニューアルするため の費用 140 万円への支援を募集しています。 (詳細: https://readyfor.jp/pro